クレラボ Study

デザインの4つの基本原則

1 views
約2分
知識

デザインの4つの基本原則とは

デザインの全体的な調和や一貫性を確保するために重要とされる原則のことを指します。
これらの原則を効果的に使用することで、情報を整理し、魅力的で理解しやすいデザインを作成することができます。

近接/Proximity

似た、あるいは同じ意味合いのある情報同士を近づけグループ化することです。異なる要素同士は、適切な余白を空けることで、それらが関連することを視覚的に表現することができます。

整列/Alignment

要素にルールを持たせ、複数ある情報を整えて配列することです。関連する情報同士は、サイズや色を統一し、「揃え」を意識してレイアウトすることが、重要です。

強弱/Contrast

目立たせたい場所を他の場所と比較して目立たせるように強弱をつけることです。要素にメリハリがつき、視覚的に面白さと優先度をつけることができます。

反復/Repetition

フォント、余白、配置、色、世界観などのデザイン的な構成要素を反復して使用することです。同じ要素を繰り返す際はデザインルールも繰り返します。デザインに緩急をつけることが可能です。

Share / Subscribe
Tweets
Pinterest
Send to LINE