クレラボ Study

メールの送り方(就職活動編)

8 views
約3分
知識

就職活動は学生にとって人生の一大イベントです。
効果的なコミュニケーションが求められる中で、メールは企業とのやり取りにおいて重要なツールとなります。
就職活動を行う学生の皆さんにメールの送り方、書き方、企業にメールを送る際の注意点について解説します。

メールの送り方

■適切なタイミング
企業に送るメールは、勤務時間内(9時~18時)に送るよう心がけましょう。
また、送信前には、添付ファイルが正しく添付されているか、受信者のメールアドレスが正しいかを確認してください。

返信に要注意
返信メールは受信者が期待している情報を簡潔に伝えるようにしましょう。
また、迅速な返信を心がけることで、印象も良くなります。

メールの書き方

■ 件名
メールの目的をはっきりと伝える件名をつけましょう。
例えば、「○○株式会社様へのエントリーシート提出のお礼」といった具体的な内容が分かる件名が適切です。

■敬語の使用
社会人としての礼儀を示すため、敬語を正しく使いましょう。
特に、自分の意見や感想を述べる際は、丁寧語や謙譲語を使うことが重要です。
敬語が苦手な人は、下記を利用すると良いでしょう。

テキスト入力するとAIによって敬語のビジネスメールを作成してくれるものです。

シンプルな文章を入力するだけで

敬語のビジネスメールを作成してくれます。

簡潔で分かりやすい文章
目的を明確にし、余計な情報を省いた簡潔な文章を心がけましょう。
また、段落を適切に分けることで、読みやすさが向上します。

企業にメールを送る際の注意点

■自己紹介
メールの冒頭で、簡潔に自己紹介をしましょう。
例えば、「私は、○○専門学校の△△と申します。」といった形です。

■送信前の確認
送信前に、メールの内容に誤字脱字がないか、敬語が正しく使われているかを確認しましょう。

感謝の意を示す
企業担当者とのやり取りで、相手が協力的だったり、面接などで時間を割いてくれた場合は、感謝の意を示すことが大切です。

アバター
Mr.イノウエ
面接後にお礼のメールを送ると良い!

質問や要望
メールで質問や要望をする際は、丁寧で遠慮がちな表現を使いましょう。
また、質問の内容が明確であることを心がけ、相手が答えやすい形で質問をまとめましょう。

結びの言葉
メールの最後には、丁寧な結びの言葉を使いましょう。
例えば、「どうぞよろしくお願いいたします」や、「引き続き何卒よろしくお願い申し上げます」といった表現が適切です。

まとめ

就職活動におけるメールのやり取りは、企業とのコミュニケーションにおいて大変重要です。
上記のポイントを意識することで、企業からの印象も向上し、就職活動がスムーズに進むことでしょう。
最後に、皆さんの就職活動が成功に結びつくことをお祈りしています。

8 views
Share / Subscribe
Tweets
Pinterest
Send to LINE