クレラボ Study

ChatGPT(3.5)を活用しよう

20 views
約3分
アプリケーション

ChatGPTとは

OpenAIが開発した大規模な自然言語処理モデルの1つです。GPTとは、「Generative Pre-trained Transformer」の略であり、トランスフォーマーというニューラルネットワークモデルをベースに、事前学習された大量の自然言語データを用いて、自然言語生成や自然言語理解のタスクを行うことができます。
ChatGPTは、テキストベースの対話システムにおいて、人間のように自然な返答を生成することができます。
そのため、ChatGPTは、オンラインカスタマーサポート、チャットボット、仮想アシスタントなど、様々なアプリケーションで利用されています。

登録方法

Try ChatGPTをクリックします。

Sign upをクリックします。

Continue with Googleをクリックし、Googleアカウントでログインします。
※Googleアカウント以外でもログイン可能です。

「名前」「電話番号」を入力します。
※名前入力時、生年月日項目も追加になりました。(入力例:日/月/年)
「電話番号」入力後、SMS認証画面に切り替わります。登録電話番号宛に、認証コードが届くので入力欄に、記載されている6桁の数字を入力します。

ChatGPTの機能説明などが表示されるので、NextNextDoneの順にボタンをクリックします。

使ってみよう

下の枠欄に質問を書いて見よう。
日本語対応しているので、自然な会話形式で質問の受け答えが可能です。

例えば…

このように、回答してくれます。

アバター
Mr.イノウエ
質問:今流行のデザインを教えて

現在、流行しているデザイントレンドのいくつかは以下の通りです

1. ミニマリズム:シンプルでミニマルなデザインが注目を集めています。要素を最小限に抑えたデザインや、単純な配色を使ったデザインが人気です。

2. ダークモード:ダークな背景色を使ったデザインが増えています。特に、スマートフォンやPCなどのデバイスで、目の疲れを軽減するためにも採用されています。

3. ネオンカラー:鮮やかなネオンカラーが人気です。特に、暗い背景色と組み合わせたデザインが注目されています。

4. 3Dデザイン:3Dテクノロジーの発展に伴い、3Dデザインが増えています。写真やイラストレーションに立体感を持たせたり、立体的なロゴを作ったりすることが可能になっています。

5. グラデーション:異なる色をグラデーションで繋げたデザインが人気です。特に、パステルカラーを使ったグラデーションが注目されています。

6. 手書き風デザイン:手書き風の文字やイラストを使ったデザインが人気です。個性的でアットホームな雰囲気を出すことができます。

以上が、現在流行しているデザイントレンドの一部です。しかし、デザインは常に変化するため、新しいトレンドが生まれる可能性があります。

アバター
Mr.イノウエ
ChatGPT 3.5より格段にパワーアップされたChatGPT 4.0(有料)がリリースされました。
こちらもぜひ、試してみてください!
Share / Subscribe
Tweets
Pinterest
Send to LINE